こんにちは虎の門デュ・アンカイロのはんです。

梅雨が続いていますね。
梅雨の時期に増える症状がありますが、ご存知ですか?
神経痛、関節痛、慢性的な体の凝り、自律神経の乱れを伴う精神疾患です。

ではなぜ梅雨のように天気が悪い時期にこのような症状が出やすいのでしょうか?
よく言われているのは、気圧の変化が身体に影響を与えるからだそうです。

雨の日や低気圧の時は気圧の変化により、関節が痛んだり腫れたりします。神経のバランスも崩れたり、ヒスタミンという体内物質の分泌が増えることで過剰な作用が加わり体調不良も増してしまいます。

このような天気に対応するには以下のことをおすすめします!

軽い体操、ストレッチも良いですし、体を温めるお茶を飲んだり、温泉に入って体を温める温浴も体のめぐりを良くし、痛み・不調を和らげます。段々と暑くなって、冷たいものを取りがちですが、逆に体を温めるということは体に良い事ですので試してみてください。

虎の門デュ・アンカイロ はん