カイロプラクターである私も、二児の父親であるため、育児の疲れで、肩こり、腰痛、ひざ痛で悩んだことがあります。

上の子は初めての子供でしたから、子育ての経験がなく、育児のすべてに敏感に反応していた気がします。

子供が泣いたり、病気になった時は、いろいろ必死でしたね。当たり前かもしれませんが、体も精神的にも疲れていました(;;)

子供の機嫌がよくない時は、ひたすら抱っこかおんぶをしていました。そうすれば子供も泣き止んだり、寝てくれたりしましたので。。その当時は、それが一番良い方法だと思っていました^^

よく自分の親に、「おんぶ癖になると体が大変だよ」と言われましたが、子供はかわいいし、それで落ち着いてくれるのなら仕方ないと。。

そのうちだんだん朝起きるたびに、腰が重く、ひざに痛みを感じるようになりました(;;)
体の専門家でも完璧ではないですね^^

これはまずいなと思い、カッピングとストレッチを積極的にやりました。また、予防法として足腰を強くする漢方も飲むようにしました。これからも育児は続きますからね。自分の体は自分で守らねば!

子供は、やはりおんぶ・抱っこ癖になりましたが、体のことに気を付けながらやったので、なんとか乗り越えられました(^^;)

ママさんが子供を抱っこやおんぶする時、体の負担をさらに大きくするようなやり方をされている方をよく見ます。

抱っこ紐を体から遠く(長く)するような姿勢は、肩と足腰に大きな負担をかけます。

また、母乳を飲ませる際、同じ方向で飲ませ続けると首・肩が痛くなりまし、前かがみの姿勢も痛みやすくさせる原因です。

大切なのは体のバランスを意識することです!!
壊れるまで偏った使い方をしないことです!!

子供の抱っこ紐の長さをなるべく体に密着させ、あまり隙間がないようにすることで、負担が軽減されます。あとはなるべくベビーカーを使うようにしましょう。

確かにベビーカーは邪魔になったりしますが、体の疲れを軽くしてくれますから。少しの不便は我慢し、また、たまにはベビーカーでママさんも休みましょう。

ママさんを応援します!頑張りましょう!

赤羽デュ・アンカイロプラクティック はん