北区・赤羽の整体・カイロプラクティックは当院へ。肩こり、腰痛、頭痛、しびれに特化した痛み専門の治療院です。

カッピング療法と冷え性

  • HOME »
  • カッピング療法と冷え性

冷え性は万病のもと!カッピング療法でポカポカの体に!

冷えが悪いのはなんとなく分かるけど、なぜ冷えると病気になりやすいのかお分かりになりますか?

それは、免疫力が下がりますが、同時に内臓の働きが悪くなるからです。

内臓は車で例えるとエンジンみたいなものです。

エンジンが冷えると車は動きにくくなりますし、燃費も悪くなります。つまり車全体の効率が下がります。

体も内臓が冷えると・・・

  • もちろん、体温が下がり冷え性になる
  • 基礎体温が低いので太りやすくなる
  • 栄養の吸収力の低下
  • 血液循環が悪くなる
  • 免疫力低下」 などなど

結果的に病気に対して戦えない弱い体になってしまうのです。

では、冷えを作る原因にはどんなものがあるでしょうか?

  • 冷たいものをよく飲む
  • コーヒーを1日何杯も飲む
  • 冬でも薄着をしている
  • お酒の中でビールが好き などなど

日本人の平均体温は36.8℃前後と言われていますが、実際現代人の体温はそれよりも低いと言われています。赤ちゃんからお年寄りまで36℃以下の低体温の人が増えていると、免疫学で有名な新潟大学の安保先生は言っています。

ここで1つクイズです!

体で使うエネルギーの中で皆さんはどこに一番エネルギーを使うと思いますか?

  1. 筋肉
  2. 体温

正解は、3.体温です。

体が低体温でそれを改善しようとすると、一日の消費エネルギーのほとんどを体温調節に使う必要となり、他の機能にエネルギーが足りなくなる状態が起こります。つまり、体が疲れ、病気になりやすくなってしまうのです。

寒いところから急に暖かいところに入ると疲れやだるさを感じた経験はないでしょうか?

体温を上げるためにエネルギーを急激に使ったため感じるのです。

このように冷えは体に大変悪いのです。ですので普段から体温を上げる方法を実践することが健康維持につながるのです。

そこで、冷え性になりにくい方法をご紹介します!

  1. なるべく冷たい飲み物を避け、暖かいものを飲みましょう。
  2. コーヒーは1日3杯を超えない様にしましょう。
  3. ホットパックなどを利用して、お腹を冷やさないようにしましょう。
  4. 職場で足元に電気マットを敷くなど冷え対策を行いましょう。
  5. 温野菜を食べましょう。
  6. 運動をする時はお湯を飲んで汗をかきましょう。

実践できるものから行ってくださいね。

もし、冷え性がひどい場合は体質を改善する必要がありますので、そんな時にはカッピング療法がおすすめです!血液循環を改善し、体温を上昇しやすくし、解毒作用もあります。そのため慢性疲労にお大変効果的です。

デュ・アンカイロではカッピング療法(吸玉療法)で冷え性を改善し、少しでも皆さまの健康維持に役立つよう努力しております。整体やマッサージでなかなか良くならなかった症状に対しても常に研究し、赤羽にあるデュ・アンカイロに行けば必ず良くなるとおっしゃっていただけるよう毎日頑張りたいと思います。

お気軽にお問合せください TEL 03-3901-4212 平日:10:30 - 20:00(最終受付19:30)
土ㆍ日ㆍ祝日:10:30 - 17:00
定休日:火ㆍ水曜日 予約優先

yoyakuyoyaku

≪営業時間≫
平日 10:30~20:00
(最終受付19:30)
土・日・祝 10:30~17:00
(最終受付16:30)
火・水:休診
TEL:03-3901-4212

 
一般社団法人日本カイロプラクターズ協会
デュ・アン漢方薬局
エキテンのクチコミはこちら
関係者からの推薦:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
24時間受付オンライン予約:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
患者様からの喜びの声:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
赤羽デュ・アンカイロプラクティックの特徴
カッピング療法:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
症状別解説:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
メンテナンスの必要性:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
よくある質問:ハンズカイロプラクティック虎ノ門
よくある質問:ハンズカイロプラクティック虎ノ門

デュ・アンカイロのブログ

無料メール相談
PAGETOP